--/--/--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓ブログランキング参加中! 毎日更新目指してます♪応援してください。
blog_rank

| --:-- | スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-) |

2008/02/05

きたっ! 

さきほど、『リア王』の千秋楽から帰還致しました。
いやぁ~すごかったです。今日の『リア王』は。
興奮しすぎたのか、ホールのドアを出た瞬間に鼻血を出して貧血を起こす始末(笑)
自分でびっくりしましたw

そんなことよりも。
家に帰ってメールチェックすると、7月コクーン『道元の冒険』に洋さんの名前がっ!!!
3月以降の予定がわからなくて、ほんのり不安だったんですよぉ。。。
思わず、夜も遅いのに「わぁーい♪」って叫んでしまいました(笑)
しかも、井上ひさし作品ですよ♪
井上ひさしさんか岩松了さんの作品で洋さんを観たいなぁと思ってたんですよね。
しかも、有起哉さんも、継太さんも、木場さんも出る♪♪
わぁ、めちゃめちゃ嬉しい。ちょっと泣きそう(ノ_-。)

えーっと。取り乱してます。落ち着いて(;^_^A
昨日『リア王』1/24の感想をUPする予定にしてたんですが・・・仕事がトラブってムリでした。
今日の千秋楽に行けたのは本当にありがたいことでした。
落ち着き次第、UPしますっ。

今日は幸せな夢が見れそうです♪
スポンサーサイト


↓↓ブログランキング参加中! 毎日更新目指してます♪応援してください。
blog_rank

2008/01/31

『リア王』気になること。 

1/24の感想の前に。。。
気になることがあるので、別でUPします。
どうにも収められないので(^▽^;)

前回の『リア王』の感想で書いた「リアの影」について。
あれって、よく考えたら「オレが誰だか知ってるか」というリアの問いに対して、道化が「リアは既にリアの影」という意味で言ってるんですよね。
1/24の舞台を見て、そう思いました。
でも・・・うーん(-"-;
ここ・・・そういえば、前に本で読んだ時も悩んだんです。
リアの問いに対する道化の答えが「知っているのはリアの影である自分(道化)」とも取れるし、「リアはもうリアの影でしかない」とも取れるなぁって。

それだけじゃなく、私にとって『リア王』はこれってどういう意味?って思う場所がいっぱい。
読んでる途中で止まったり戻ったりで、読み終わるのに、かなり時間がかかりました。

そういう意味では、最後のエドガーのセリフも謎。
「最も年老いた方が最も苦しみに耐えられた。若い我々にはこれほど多くを見ることもなく、これほど長く生きられもしまい」
・・・こんな感じだったと思うんですが。
ここまで散々苦しみ抜いたエドガーだからこその重みのあるセリフ。
父も弟も失って、その上でリアを思い「最も苦しみに耐えられた」と言うエドガーの言葉はエドガー自身の痛みと未来への希望を感じさせられます。
「これほど多くを見ることもなく」というのも、未来を背負う「我々」次第という風に感じるんですが・・・長く生きられないって???ってなっちゃうんです。
感覚として感じるものがなくもないんだけど、やっぱりよくわからない。。。。
エドガー@洋さんの演技を観てると、その言葉は流せちゃうくらい伝わってくるものがあるんだけど・・・。
うーん( ̄_ ̄ i)
どう思って演じているのかすごくすごく聞いてみたいです。
洋さん、どこかで喋ってくれないかなぁ。。。
1/31のアフタートークで話してくれないかしらん♪

そういえば、前回舞台上に広がるのは「砂」と書いたけど、「土」らしい。
確かに色が黒い。。。下調べして書かなきゃですねぇ(^▽^;)

あ。そろそろ『リア王』観に行く時間なので行ってきます。
もし、最後のセリフの謎がわかったらUPしますね(⌒-⌒)

↓↓ブログランキング参加中! 毎日更新目指してます♪応援してください。
blog_rank

2008/01/31

『リア王』気になること。 

1/24の感想の前に。。。
気になることがあるので、別でUPします。
どうにも収められないので(^▽^;)

前回の『リア王』の感想で書いた「リアの影」について。
あれって、よく考えたら「オレが誰だか知ってるか」というリアの問いに対して、道化が「リアは既にリアの影」という意味で言ってるんですよね。
1/24の舞台を見て、そう思いました。
でも・・・うーん(-"-;
ここ・・・そういえば、前に本で読んだ時も悩んだんです。
リアの問いに対する道化の答えが「知っているのはリアの影である自分(道化)」とも取れるし、「リアはもうリアの影でしかない」とも取れるなぁって。

それだけじゃなく、私にとって『リア王』はこれってどういう意味?って思う場所がいっぱい。
読んでる途中で止まったり戻ったりで、読み終わるのに、かなり時間がかかりました。

そういう意味では、最後のエドガーのセリフも謎。
「最も年老いた方が最も苦しみに耐えられた。若い我々にはこれほど多くを見ることもなく、これほど長く生きられもしまい」
・・・こんな感じだったと思うんですが。
ここまで散々苦しみ抜いたエドガーだからこその重みのあるセリフ。
父も弟も失って、その上でリアを思い「最も苦しみに耐えられた」と言うエドガーの言葉はエドガー自身の痛みと未来への希望を感じさせられます。
「これほど多くを見ることもなく」というのも、未来を背負う「我々」次第という風に感じるんですが・・・長く生きられないって???ってなっちゃうんです。
感覚として感じるものがなくもないんだけど、やっぱりよくわからない。。。。
エドガー@洋さんの演技を観てると、その言葉は流せちゃうくらい伝わってくるものがあるんだけど・・・。
うーん( ̄_ ̄ i)
どう思って演じているのかすごくすごく聞いてみたいです。
洋さん、どこかで喋ってくれないかなぁ。。。
1/31のアフタートークで話してくれないかしらん♪

そういえば、前回舞台上に広がるのは「砂」と書いたけど、「土」らしい。
確かに色が黒い。。。下調べして書かなきゃですねぇ(^▽^;)

あ。そろそろ『リア王』観に行く時間なので行ってきます。
もし、最後のセリフの謎がわかったらUPしますね(⌒-⌒)

↓↓ブログランキング参加中! 毎日更新目指してます♪応援してください。
blog_rank

2008/01/29

『SHOCK』1/27 ソワレ 

この時期、帝国劇場ですっかり恒例となっている『SHOCK』。
私にとっても、この『SHOCK』は、年の初めの一大恒例行事になってます(笑)
なぜって、光一さんの大・大・大ファンの私の親友が、『SHOCK』のために上京してくるからです!!!
この日のために、観光スケジュールを作り、お店リストを作って下見をし、交通費を計算して・・・と、やることはいっぱい。
決して、観光スポットに詳しくない私にとって、この行事をクリアするのは仕事よりも数倍パワーがいるんです。
今年でこの恒例行事も4回目くらいなんですが・・・最近、『SHOCK』のオープニングを見ると「今年もなんとか無事に迎えられたなぁ」という妙な感慨で泣きそうになったりします(笑)
特に、今年は『リア王』も重なって、当日の朝までお店探しに追われたくらい(^▽^;)
あぁ、そうだ。
1/24に『リア王』を観に行ったんです。
その感想はまた、明日?明後日あたりにUPします。

まぁ、私情はおいといて。その『SHOCK』です。

Read More...



↓↓ブログランキング参加中! 毎日更新目指してます♪応援してください。
blog_rank

| 23:13 | 観劇 | Comments(0) | Trackbacks(0) |

2008/01/23

『リア王』1/19 初日 

本日、東京都心は雪です。
朝からしんしんと降っているものの、ぼた雪だったり、雨まじりだったり。
屋根の上をうっすら覆うくらいで、積もることはなさそうです。

と。ちょっと前の1/19。『リア王』初日を観てきました。
今回、第一印象で「演出」の存在を強く感じた舞台でした。
もちろん平さんのリアも、山崎さんの道化も瑳川さんも洋さんも鋼太郎さんも・・・・良かったんですけどね。
(ネタバレあり)

Read More...



↓↓ブログランキング参加中! 毎日更新目指してます♪応援してください。
blog_rank

| 20:14 | 観劇 | Comments(0) | Trackbacks(0) |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。